So-net無料ブログ作成

繋がる。

tsushima 馬事公苑①.jpg

先日、ある1頭の対州馬に会いに

長崎県対馬市にある目保呂ダム馬事公苑へ見学にいきました。

対州馬とは日本在来馬8種のうちの1つにあたり

今現在、日本に28頭しか生息していない貴重な馬種です。

自治体をはじめ関係者の方がこの危機的状況を何とかして守ろうと

必死で努力されている現状です。

そんな中、今回出会うべくして出会ったというか、

運命的な引き寄せとしか思えない状況で1頭の子馬に会いました。


対州馬 KANADE号です!!!

tsushima 奏号.jpg   tsushima 奏号名盤.jpg

現在1歳5ヶ月の子馬です!メッチャやんちゃな性格みたいですが(笑)

とても賢く、種馬となり対州馬の将来を背負っていくポジションにある存在のようです!

元気にすくすく成長して欲しいですね!今後が楽しみです!

そして、驚く事にKANADE号の名付親はアーティストのMISIAさん。

生物多様性年(COP10)の年に生まれた命という事で

COP10名誉大使であるMISIAさんが馬事公苑を視察され名前を決定されたとの事でした。
(詳しくはコチラ→http://satoyamabasket.net/kanade/2011/02/post.html


実際に対州馬に騎乗もしました。

正直、私が最初に想像していた馬の動きのイメージを

遥かに越えてました!(失礼しました)

お世話になった松号です↓

tsushima 馬事公苑 松号.jpg

馬自体の温厚な性格に加え、賢く騎乗者の要求等に対する潜在能力の高さにも

感動と新たな価値観を得る事ができました!

私が求めていた、親と子で楽しむ乗馬ライフにピッタリの馬です!

加えて、上級馬術者にも満足頂ける動きが出来ると思います。

本当に対州馬に関しまして「百聞は一見に如かず」だと思いました!

機会があれば、是非皆さんも対州馬に触れてみて下さい。

きっと新しい発見あると思います!


今回、初訪問の対馬でしたが

自然豊かな島の雰囲気も、流れる独特の島時間も全てが素晴らしい所でした!

対馬には対州馬の他にも多くの固有種の生き物が存在しています。

生物多様性の大切さも、対州馬(馬)を通じた事でより身近に感じられました。

馬との関わり方も、知ればいろんな方向性が見つかるものです。

また対馬にリピートしたいと思います。


最後に、対州馬トレーナーの篠原様

貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

対州馬にかける熱い思いが伝わりました!

帰りは無事に第2・3放牧場も確認できましたよ!井口浜では流木も頂きました(笑)

そして、人との繋がりを対馬までリレーで伝えてくれた和兄。

本当にありがとうございました。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

FDEQ農産開発 井上

対馬へのふれあいツアーおつかれさまでした^^

しかしその機動力はすごい。

今後も素敵な人達との出会いにわくわくしながら

共にでっかく生きましょうね!

今年半ばのイベントにも期待しています(笑
by FDEQ農産開発 井上 (2012-01-04 23:11) 

RIO

対馬への繋がりを作って頂き

ありがとうございました。

トレーナーである篠原様の対州馬にかける情熱を貰いましたよ!

私も馬を通じて今まで経験した事を

息子に伝えていきたいと思い

親子一緒に楽しめるワクワクすることを常に考えてます!

結果的にそれが、みんなも楽しめるような場所になれば

もう最高ですね!!

この時代を共に楽しく生きましょう!

これからも宜しくお願いします。
by RIO (2012-01-06 19:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。